星占いってなんだろう?

星占いは誰でも身近にありますね。朝のニュースでも必ず紹介されている、身近な占いと言えます。この占いを欠かさず、チェックして今日の行動に生かしてみたり、井戸端会議や誰かと親しくなる時の話術として用いている人もいます。そもそも星占いは、本当にあたるのでしょうか。よく言われるのが、人それぞれ個性も職業も違うので、同じ星座だとしても同じ運勢になるわけがないという現実です。一時期、お笑い芸人の人が自分の星座は今日は貧乏だと出たけれど、自分は十分金持ちだ!というネタもありました。曖昧だけれど、曖昧ゆえに愛されている星占い。星占いの詳細を知ると、もっと神秘的な世界に触れることができますよ。

星占いは、12星座から成り立っています。生まれた日にちで、自分の星座が決まります。占いによっては、自分の生まれた日にちが星座の区分の一番最後だったり、次の星座の一番最初だったりして、混乱することがあります。自分がどの星座なのかわからないという人もいます。そういう人は、両方の星座の性質を併せ持つということで、両方の星座の運勢を参考にするとよいでしょう。真逆のことを進めていることはまずないので、両方の星座の運勢を参考にするとよいのです。

そもそも星占いは、12星座から成り立っています。この12星座は、牡羊座、牡牛座、ふたご座、蟹座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座です。それら12星座を全て覚えたりするのは大変です。さきほど述べた両方の星座の性質を併せ持つ人も、覚えたり調べたりするのも一苦労でしょう。

12星座は、大まかに4つのエレメントにわけることができます。火の星座、地の星座、風の星座、水の星座です。この4つの種類を抑えるだけでも、自分の星座の性質を理解することができます。案外、星占いというのは柔軟にできているのです。4つのエレメントの大まかな説明をしますと、火の星座は牡羊座、しし座、いて座、地の星座は牡牛座、おとめ座、やぎ座、風の星座はふたご座、てんびん座、みずがめ座、水の星座は蟹座、さそり座、うお座です。エレメントと星座の関係はなんとなく想像できませんか星座のイメージに分けられていますね。

4つのエレメントの基本の性質は、火の星座は直感、地の星座は感覚、風の星座は思考、水の星座は感情です。その基本性質から性格などが読み取れます。今日の運勢などはホロスコープを用います。星占いは、その時の天体の状態や惑星の動きから、時流を読みます。リーディング作業のことを占星術といいますが、それには解釈や占ってほしい人のカウセリングにも必要になってきます。全体の占いは、占う日の星の動きをみます。そのため、その解説を忠実にすると、難解な単語が飛び交います。象徴的なキーワードを端的に示して、今日の星や宇宙や天体の状況を知らせているのです。

星占いは、星の動きを読み取り、私たちの生活にアドバイスをくれるものなのです。

星占いの面白さ。それはホロスコープを元にして、自分の問題を解決し、明るい未来を目指すことである。悪い結果は警鐘とし、良い結果は自身の未来として、日常の気分転換に取り入れる。

星占いの的中率は、統計的には低い。詳細な星の位置や状態を示したホロスコープが必要になるせいもあるが、術者の解釈によるところも大きいためである。

星占いで人生において抱えている悩みや問題を解決することができる。術者はカウセリングも行っているため、問題解決や未来への行動などを示唆することができるからである。